代表取締役 増田裕一郎

日本人の誇りを持って
世界に貢献していく

世界の始まりとともに有志が集まり、有限会社鯤を設立しました。

「日本人の誇りを持って世界に貢献」を旗印に社員一丸となり、
熱き心で事業に取り組んで参りました。

志と勢いのみの船出でしたが、情熱のこもった
社友・顧問皆様のご指導とご鞭撻により、
「光触媒」という世界で最も新しいビジネスステージで活動でき、
世界中のお客様からご指示を賜ることが出来ました。

今、日本光触媒センター株式会社として事業を未来に繋げますことを、
心より感謝申し上げます。

代表取締役 増田裕一郎

経営理念

世界の人々に共通する願いが、豊かな生活と環境であることを認識し、
私たちの提供する製品が、常に顧客から最高の満足と信頼を
得ることを目指します。

品質方針

当社の光触媒事業が、生活環境と地球環境の改善を目的としたものであることを踏まえ、事業活動を通して快適な生活空間と豊かな地球環境構築に貢献できるよう、以下の指針に基づき品質マネジメントを実施します。

  • 関連する法律、規制、および当社が顧客と同意した品質管理に関する取り決め事項を遵守する。
  • 当社は、品質マネジメントシステムを確立し、維持して、継続的に改善する。
  • 当社の事業活動により生産された製品が、安全で環境改善に役立つものであることを明確にする。
  • 全社的取り組みとして、全社員が品質マネジメントシステムの活動に取り組み、それぞれの職場で実行する。

品質方針達成のために、全社および各部署に品質目標を設定し、レビューするとともに、当社全体に周知することを確実にする。

制定
2004年6月1日
改定
2013年4月30日

環境方針

当社の光触媒事業が、生活環境と地球環境の改善を目的としたものであることを踏まえ、事業活動を通して大気浄化・水質浄化・衛生的で快適な生活空間と豊かな地球環境構築に貢献できるよう、以下の指針に基づき環境マネジメントを実施します。

  • 関連の法律、規制、当社が同意した地域・業界・その他の要求事項を遵守します。
  • 当社は、環境マネジメントシステムの継続的な改善及び汚染の予防に積極的に取り組みます。
  • 生産活動を行う上で、環境保全のために、次の活動に取り組みます。
    • 地球温暖化防止活動として、省エネルギーの推進を行う。
    • 資源の有効活用のため、廃棄物の削減と再資源化を推進する。
    • 環境改善に有益な新製品を提供するため、開発・設計段階から「製品環境アセスメント」に取り組む。
  • この環境方針達成のため、環境目的・目標を設定し全部門、全従業員をあげて環境マネジメントを推進します。また環境目的・目標を定期的に見直し、必要に応じて改定を行います。
  • 環境方針は、当社ホームページに常駐掲載するとともに、本社工場で働く、本社工場のために働く全ての人に配布します。また外部からの要求に応じて開示します。
制定
2004年6月1日
改定
2013年4月30日
ISO9001 ISO14001

本社工場は「光触媒コーティング剤の製造・販売・開発」に関して
ISO9001及びISO14001を認証取得しております。

会社概要

社名
日本光触媒センター株式会社
事業内容
光触媒酸化チタンコーティング剤とそれを利用した製品の製造販売
建築の企画、設計、施工
陶磁器の製造販売
前各号による一切の業務
本社・工場
〒849-2305

佐賀県武雄市山内町大字宮野字松ノ木原22646

TEL
0954-20-7115

FAX
0954-20-7116

MAIL
info@jphoc.jp
東京支店
〒140-0002

東京都品川区東品川2-2-4 天王洲ファーストタワー5F

TEL
03-6698-1746

MAIL
tokyo@jphoc.jp
設立
2001年8月29日
資本金
7,479万円
役員一覧
代表取締役会長
龍 潤生
代表取締役社長
増田 裕一郎
取締役
藤井 隆治
執行役員
水野 靖士
株主一覧
WWB 株式会社
三橋 英夫
村岡 陽一郎
エーエスケー 株式会社

沿革

2001.08
有限会社鯤設立
2003.03
有田ショールームオープン
2004.04
手塚プロダクションとのライセンス契約により、光触媒加工有田焼陶板「火の鳥」商品化
2004.06
株式会社鯤コーポレーションに組織変更
2004.09
光触媒事業部本社工場 ISO14001・ISO9001認証取得
2004.11
サガンコート施工研修制度スタート
2006.03
光触媒工業会設立 理事会社として参加
2006.05
有田焼マウスパッドが国土交通省「魅力ある日本のおみやげコンテスト」において
民工芸品部門「銅賞」、地域部門「韓国賞」受賞
2006.06
本社工場を新設 コーティング剤月産50t体制を確立
2006.11
鳥インフルエンザウイルス対策用光触媒コーティング剤を住友商事ケミカルと共同開発し発表
2008.04
VOC対策用光触媒で名古屋市共同特許取得
2008.10
中国室内装飾協会から北京五輪施設に利用された光触媒優良製品として認証証書を受ける
2009.01
新型ウイルス対策用光触媒で住友商事ケミカルと共同特許取得
2009.07
可視光応答型光触媒に関する特許取得
2010.02
サガンコート光触媒コーティング剤「TPX-85」光触媒製品PIAJ認証取得
2011.09
建設業許可免許取得・佐賀県知事許可(般-23)第11088号
2011.10
東京都墨田区に東京営業所開設
2012.04
サガンコート光触媒コーティング剤「TPX-HL」光触媒製品PIAJ認証取得
2014.04
光触媒有田焼マウスパッド 日本商工会議所より全国的に優秀な観光土産品として認定
2014.08
広東省東莞市に現地スタッフによる中国語対応可能な中国事務所を開設
2014.10
フィルム用光触媒コーティング剤「TPX-FxFC」光触媒製品PIAJ認証取得
2014.11
東京営業所を支店として東京都に登記、東京都振興公社中小企業支援認定製品に登録
2015.12
国土交通省運用のNETIS(新技術情報提供システム)に工法を登録(登録番号:QS-15033-A)
2016.01
韓国ソウルにKON KOREA設立
2016.07
可視光応答型光触媒量産設備 本社・工場内に完成
2016.07
サガンコート光触媒コーティング剤「TPX-HP」光触媒製品PIAJ認証取得
2016.12
可視光ゾル生産設備完成 可視光応答型光触媒完全自社生産化
2017.06
一般社団法人サガンコート研究会設立
2017.11
ベトナム ホーチミン市にて開催されたViet Water2017東京パビリオンに出展参加
2019.04
日本光触媒センター株式会社に組織変更