室内光においても高い光触媒機能を発揮

TPX-HL

サガンコート - 室内用【PiAJ認証取得製品】

TPX-HLは、屋外からの光(紫外線)の入らない室内においても利用可能で、蛍光灯や白色LEDなどの光においても高い光触媒機能を発揮します。
従来の紫外線域だけの利用に限定されず、可視光域での反応が業界トップクラスの550nmに波長まで反応することを確認しております(自社調べ)。
抗菌性・脱臭性・VOC対策などの室内環境改善のみならず、ウィルスへの感染予防対策など、さまざまな分野、場所への施工が可能です。

対象基材

 クロス、化粧パネル、スレート、漆喰、珪藻土、塗装面、
 石膏ボード、机、いす、ソファ、カーテン、ベッド、衣類など
 詳しくはお問い合わせください。

用途別性能

可視光応答力
抗菌・抗ウィルス
抗カビ・消臭・VOC
親水性
セルフクリーニング

※自社製品比較による評価 ※親水性…水のなじみやすさの指標で、限界接触角が小さいほど性能が高いことを表します。 ※セルフクリーニング…親水性の機能により汚れを落とすだけでなく、光触媒反応による有機物分解力も加味したクリーニング効果を意味します。

TPX-HLはPIAJ認証取得しております

商品名

サガンコート光触媒コーティング剤TPX-HL

光触媒等の種類

酸化チタン

光触媒等加工部位

抗菌効果

タイル・繊維(ポリエステル)

空気浄化効果

ガラス・繊維(ポリエステル)・タイル

光触媒等の効果

抗菌効果

測定方法はJIS R1702に準拠しました。

タイル:抗菌効果※1

大腸菌:抗菌活性値は2.9(光照射効果は2.3)
黄色ブドウ球菌:抗菌活性値は4.0(光照射効果は3.3)

タイル:試験条件

紫外線強度0.1mW/cm2
(この条件は昼間に太陽光が入る窓際から1.5m程度内側に相当します。)

繊維:抗菌効果※1

黄色ブドウ球菌:静菌活性値は2.0(光照射効果は1.0)
肺炎かん菌:静菌活性値は3.3(光照射効果は2.1)

繊維:試験条件

紫外線強度0.1mW/cm2
(この条件は昼間に太陽光が入る窓際から1.5m程度内側に相当します。)

空気浄化効果

測定方法はJIS R1701-3に準拠しました。

ガラス:トルエン除去量※2

0.8μmol/L

この製品を部屋の容積1㎥あたり1㎡の面積使用すると、昼間に室内空気中のトルエンを32%低減させる効果を期待できます。

測定方法はJIS R1701-2に準拠しました。

繊維:アセトアルデヒド除去量※3

6.7μmol/L

この製品を部屋の容積1㎥あたり1㎡の面積使用すると、昼間に室内空気中のアセトアルデヒドを79%低減させる効果を期待できます。

タイル:ホルムアルデヒド除去量※4

1.43μmol/L

この製品を部屋の容積1㎥あたり1㎡の面積使用すると、昼間に室内空気中のホルムアルデヒドを45%低減させる効果を期待できます。

使用できる場所

室内のあらゆる場所への施工が可能です。

安全性

急性経口毒性、皮膚一次刺激性、変異原性について、日本食品分析センターにて試験し、光触媒工業会の安全性基準をクリアしております。

使用上の注意

黒や茶など色の濃い基材(革やクロスなど)への塗布の際は、色が白っぽくなる可能性がありますため、施工の際はご注意ください。また、表面に過度の汚れが付着していると、十分な効果が得られません。実際の効果は本製品が使用される面積、コーティング層に照射される光の強さ、使用される部屋の面積、使用される部屋の換気量などに依存します。

※1 光触媒工業会の認証基準は抗菌活性値が「2.0」以上、光照射による効果が「0.3」以上です。抗菌活性値が「2.0」とは、抗菌効果により菌数が1/100に、「3.0」とは菌数が1/1000になることを表します。また、光照射による効果「0.3」とは、光を当てない条件の菌数に対し、光照射により菌数が約半分になることを表します。
※2 光触媒工業会の認証基準はトルエン除去量0.17μmol/
h以上です。この数値は50cm2あたりのトルエン除去量であり、この数値が高いほど室内のトルエンを低減させる効果が高くなります。
※3 光触媒工業会の認証基準はアセトアルデヒド除去量0.17μmol/h以上です。この数値は、50cm2あたりのアセトアルデヒド除去量であり、この数値が高いほど室内のアセトアルデヒドを低減させる効果が高くなります。
※4 光触媒工業会の認証基準はホルムアルデヒド除去量0.17μmol/h以上です。この数値は、50cm2あたりのホルムアルデヒド除去量であり、この数値が高いほど室内のホルムアルデヒドを低減させる効果が高くなります。
※光触媒工業会の表示ガイドラインを遵守して表示しています。